キャッシングは返す時に利息が付きます

提供: キャッシングナビ


キャッシングの利息に関するルール

キャッシングを行う時には金利設定に従って利息を払う必要があり、キャッシングの利息には上限金利設定が適用されますから、これ以上金利を要求出来ないというラインが設定されています。 昔は29.2%、延滞時に40.0%という高金利設定になっており、借金返済が出来なくなる方が続出しましたが、現在では18.0%で延滞時に20.0%までという設定がされていて、これ以上の金利で利息を請求出来ないようになっています。



キャッシングを行う金額によってこの金利は変動し、大きな借入になるほど低金利の方向にスライドしていく事になり、こうした金利のルールが設定される事で利用者も安心してキャッシング出来る仕組みになっています。 この数値を超えた取引を行っている業者は違法行為になりますから、借金を行っている側は返済する必要が無いですし、どこの業者を選択するにしても上限設定のチェックを行ってからキャッシングを行うと良いです。 いずれにしても借金をする以上は利息をつけて返済が必要ですから、計画的に利用しましょう。


キャッシングの利息についてのおすすめ情報

このページのトップへ