キャッシングを利用する際の金利のお話

提供: キャッシングナビ


法律で決まっている金利の上限

キャッシングなど、お金を借りて返す時は、元金に金利分をつけて返さなければならないことは、多くの人がご存知でしょう。この利率は貸し手が設定しますが、法律でその上限が決められています。利息制限法という法律で、10万円未満であれば年利20%、10万円以上100万円未満なら18%、100万円以上は15%、となっているのです。これを超える金利を課すことは違法であり、超過した部分は無効となります。



さて、銀行や消費者金融のキャッシングの金利の上限は、前述の法律で定められた上限いっぱいに設定されている場合が多いです。これらは年利ですので、1年未満で返済できれば、その分安くなります。そのため、できるだけ早く返すことで、返済額を抑えることができます。またきちんと返済し、優良な利用実績を積み重ねているような場合は、金利を下げてくれることもあります。お得に借りるためには、信用を上げていくことも大切です。


金利の上限についてのおすすめ情報

このページのトップへ