今さら聞けない住宅ローン借り替え

提供: キャッシングナビ


住宅ローン借り替えの審査が厳しい理由

そもそもローンの借り替えとは、既に住宅ローンを借りている住居に住み続けることを条件に、現時点より有利な条件の住宅ローンに変更することを指します。同じ金融機関内で借り替えができれば手続きと手数料を大きく省くことができますが、基本的に同じ金融機関から借り換えすることができません。他の金融機関に変更することになります。また自宅の価値が購入時より下がっているので、審査によっては借り換えが難しくなります。



住宅ローンの借り替えをする際に、審査を行いますが銀行の審査が厳しくなっています。主な理由は、デフレが続いている間では、日本の不動産価格が下落する傾向にあり、住宅ローンの残高より自宅の担保評価額が低くなる担保割れが起こります。特に購入した新築物件が中古扱いになった時点で、価値が大幅に下がる傾向にあります。金融機関は担保割れの部分を、その人の信用で貸すので厳しくなるのです。金融機関によってケースバイケースで条件もやや異なるので、複数受けると良いです。


住宅ローン借り換え審査についてのおすすめ情報

このページのトップへ