住宅ローンの金利の推移について

提供: キャッシングナビ


今後の住宅ローンの動向を紹介します

マンションや一軒家を購入して住宅ローンを借りる場合、金利の計算が重要になります。まず住宅ローンの金利がどのようにして決定されているかというと、10年物の国債と短期プライムレートに比例して推移しています。短期プライムレートは日銀が毎月行う金融政策決定会合によって決まります。したがって日本経済の動向によって短期プライムレートも大きく変わってしまうのです。



今後の住宅ローンの金利の推移はどうなるかというと、日本経済は現在安部首相が推し進めているアベノミクスによって法人税を減税して大企業に利益が出る環境を作ろうとしています。したがってパートナーである日銀も企業活動の妨げになるような現在行っているゼロ金利政策を中止するようなことは考えにくくなっています。なので劇的に好景気にならなければ現状のまま推移していくと考えられます。


住宅ローンの金利についてのおすすめ情報

このページのトップへ