収入証明不要の限度額設定の仕組み

提供: キャッシングナビ


銀行とサラ金の収入証明不要限度額の違い?

収入証明不要の融資は、消費者金融(サラ金)と銀行カードローンの両方で行われています。しかし、その限度額に違いがあります。消費者金融の場合は、一律50万円以下と決められています。それに対し、銀行はそれぞれが独自の金額を設定しています。なぜ違いが生じるのかですが、それは消費者金融が「貸金業法」という法律に沿って業務を行っているからです。



借り入れは「個人の年収の3分の1まで」という総量規制があり、50万円を超える融資では、収入証明を確認する義務が課せられるのです。しかし、銀行は総量規制の対象外であるので、収入証明不要の限度額を自由に決めることができます。審査の際に収入証明書を求められると、その分審査に余計な時間がかかることもあります。しかし、不要であれば、簡単に手続きが完結するのが魅力です。素早く融資が必要な際には、各金融業者を比較してみるとよいでしょう。


収入証明不要のキャッシングについてのおすすめ情報

このページのトップへ