総量規制と銀行カードローンについて

提供: キャッシングナビ


総量規制の例外?銀行カードローンなど?

急病や突然のお葬式など何か緊急事態が起こり、至急お金が必要な場合も多々あります。そのような時にとても便利なサービスに消費者金融やクレジット会社が提供するキャッシングのサービスがあります。このサービスについて2010年に貸金業法が改正され総量規制が導入されました。この制度は年収の3分の1を超える貸付はできなくなり、連帯保証人を付けても貸付はできなくなりました。



ただし幾つか例外があります。クレジットカードでの買い物はこの法律は適応されず、割賦販売法が適応されます。また、貸金業者と混同されやすいですが、銀行が提供する銀行カードローンは適応されません。また銀行が提供している各種借り入れにも総量規制は適応されません。ただし審査の時に、信用情報機関からの情報は照会するため、その点では貸金業者の普通の審査と全く変わりありません。


総量規制と銀行カードローンについてのおすすめ情報

このページのトップへ